大人になっても出来てしまうおでこニキビの原因とは?

生活習慣とホルモンバランスの乱れ

思春期にできるニキビはホルモンの影響が大きいのですが、大人になってからできるおでこニキビは、間違ったスキンケアや乱れた食生活、ホルモンバランスの変化が原因になります。

 

洗顔やクレンジングの洗い残りの影響

おでこの中でも髪の毛の生え際にニキビができやすいのですが、それは洗顔料やクレンジング剤などの落とし残しがニキビを発症させている場合があります。

 

潤い不足によるニキビ

乾燥もおでこニキビの原因になります。
脂っこい部位だからといって、何もスキンケアをせずにほっておくと、皮脂を分泌して皮膚を保護しようとする作用が働き、皮脂の過剰分泌がおこります。

 

おでこは皮脂腺が多いので、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰めると、そこにアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

 

また、皮膚から水分が失われて乾燥すると、肌のターンオーバーが正常に働くなり、古い角質が剥がれ落ちなくなりニキビができます。

 

ですので、おでこが脂っぽいからといって保湿を怠ると余計に皮脂が多くなって、おでこがベタついたり、ニキビの原因になったりするので注意が必要です。
食生活も、甘いものや脂っこい食べ物は控えて、ビタミンCをたくさん含む、野菜や果物を積極的に摂るように心がけると、次第にニキビが改善されていきます。

 

大人のおでこニキビのスキンケアにおすすめのラ・ミューテ化粧品

ホルモンバランスの乱れに働きかける成分配合の大人のニキビケア化粧品です。

 

年齢と共に増える肌荒れ、ポツポツとできるニキビをダマスクローズ成分がホルモンバランスの乱れに働きかけながら、潤い不足の肌をナノサイズの保湿成分が浸透して保湿をサポートしてくれます。

 

慢性的なニキビ肌にお悩みの方におすすめの化粧品です。

 

 

ラ・ミューテ化粧品美肌セット