おでこニキビがかゆい時の対処法

おでこには皮脂腺が多いため、思春期などどうしてもニキビができやすくなります。
できないように注意をしていても、ホルモンバランスの乱れから自然とできてしまうものなので仕方ないのです。

 

しかし、仕方ないからといって、何もせずに放っておいてはおでこニキビが悪化して、痒くなったり、醜いニキビ跡を残す可能性もあります。

 

おでこニキビができてしまったら、適切に対処して、早期に治すのがいいでしょう。

 

かゆみを感じた時の対処法

おでこニキビがかゆい時、どうしたらいいのでしょうか。
かゆいとどうしてもかきたくなりますが、それだけは絶対にNGです。

 

傷となって跡が残ってしまいます。
そこで、おでこニキビがかゆい時の対処法をご紹介します。

 

洗顔で炎症を起こす原因を解消

まず、なぜかゆいのかというと、角栓や腫れている毛根が神経を刺激している、もしくは乾燥のどちらかが原因です。

 

いずれにせよ、ニキビの炎症を抑えることは先決です。
そのためには患部を朝夕2回きれいな手でしっかり洗顔をすることです。

 

洗顔をしてそれで終了という方がおられますが、実はそれではだめなのです。

 

乾燥によるかゆみを予防するスキンケア

洗顔によって肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまうと、肌が乾燥していると勘違いし、余計に皮脂が分泌されてしまいます。

 

それを防ぐには、洗顔後の化粧水、乳液のスキンケアです。
油分をあまりに与えてしまうのは問題なので、その際はニキビ用のスキンケア用品を利用しましょう。

 

ニキビ対策のスキンケア化粧品人気トップクラス「ルナメアAC」

 

ルナメアAC