おでこニキビと汗の関係

おでこニキビと汗は関係があります。
汗をかくことそのものは新陳代謝を活発にしてくれますし、美容にも健康にもよいことですが、そのままにしておくことはいけません。

 

汗には水分だけでなく、尿素や塩分など他の成分も含まれているからです。
そのままにしておくことで汚れとなり、おでこニキビを悪化させたりする原因になります。

 

放置しておくことで、おでこニキビを悪化させますので、こまめに水で洗い流すなどの対策が必要です。

 

汗が原因のニキビ対策

汚れといっても落としにくい汚れではありませんので、こまめに対処するようにすれば無理なく落とすことができます。
ゴシゴシと落とすと刺激になりますので、ふき取るときにはなるべくこすらないように心掛けましょう。

 

水で洗い流すことも有効ですが、あまり回数が多くなるのも刺激になってよくありません。
洗顔シートなどを使ってふき取る場合にも、回数には注意が必要です。

 

あぶらとり紙を乱用するのが肌によくないのと同じで、洗顔シートなども使い過ぎれば刺激となり、おでこニキビを悪化させてしまう原因になるからです。
こまめなケアが必要とはいえ、適度であることも大切です。

 

洗顔シートを何度も使うよりも、清潔で柔らかなタオルで吸わせるようにふき取るなど、刺激を与えないようにふき取るほうが効果的です。

 

毎日の洗顔で皮膚に残った汚れを落とす

汗をかいてしまった時に応急処置として、洗顔シートなどでふき取るのは、おでこニキビの予防には効果的です。
でも、それだけでは、毛穴に残った汚れや皮脂を取り除くのは難しいので、毎日の洗顔でもニキビ予防を意識した洗顔を選ぶことが大切です。

 

洗顔シートでふき取った肌は皮脂の量が低下して乾燥しやすくなっている場合がありますので、洗浄力が強すぎる洗顔だと洗い上がりがつっぱることがあります。

 

洗顔を選ぶ時には洗浄成分が肌に優しいことと、保湿成分が配合されているタイプを選ぶのがおすすです。

 

 

ルナメアAC